メガネレンズの基礎知識~初眼鏡の方向け~

 

◆ 眼鏡レンズの基礎知識

[A] レンズの素材

素材名詳細
プラスチック傷に弱く、欠けてしまうことがあっても、相当な力がないと割れにくい。
重量は、プラスチックより軽い。
ガラスプラスチックに比べ、重く、割れ易くが、傷はつきにくい。
ポリカーボネート系衝撃に対して強く、プラスチックよりも割れにくい。
ただし屈折率が低く、度数によっては厚かったり、製作範囲も限られる。




[B] メガネレンズの基本設計 

設計名形状比較説明
球面設計☆前面と後面のカーブの差で、
 レンズの度数は決まります。

中央が薄い物を「マイナスレンズ」
中央が厚い物を「プラスレンズ」
と呼びます。

球面設計は、
一番ポピュラーな設計です。
片面
非球面設計
☆片面のカーブをなるべく浅くし、
 歪みと厚みを抑えたレンズです。
  
 薄さを重視する方にお勧めです。
両面
非球面設計
☆両面を非球面化させて、
 極力【歪みを抑えた】設計です。

 強度の乱視がある場合や
 度数自体が強い場合、
 
 両面非球面はパワーロスが少なく
 クリアな見え方をご希望の方に
 おすすめです。


※形状比較の図は、特徴をデフォルメしております。


☆【片面非球面】と【両面非球面】レンズの違いは?とのご質問を頂きます。

 眼鏡関係者によって『見解が異なる』部分ですので、
 私の意見の他に、他の方々の意見もお調べ下さいませ。

◇【片面非球面】
→ 片面非球面を使用中で、特に問題のない方、『薄さを優先』の方向き。

◇【両面非球面】
→ 片面非球面で時々見づらさを感じたり、『強めの乱視がある』方や、
  薄さよりも『見え具合を優先したい』方におすすめです。

※【両面非球面】は、両面を非球面化するために、
 やや【片面非球面】より厚くなる傾向があります。

※見え方の『クリアさ』の違いはお客様の個人差があります。
 違いを感じる方と感じない方が出るかもしれません。

→物理的性能はあっても、最終的に感じるかどうかは、
 本当に人それぞれです。


[C] レンズのスペックの見方
– 素材に関係なく存在する数値。主にアッベ数、屈折率、比重の3つ –

アッベ数
○アッベ数が大きいと、色収差が生じにくくて、見やすい。
 →数値が低いと色が滲んだり、違う色に見えることがあります。

屈折率  
○屈折率
は数字が大きいほど、レンズが薄くなります。
→プラスチックは最高1.76、ガラスは1.90が最高です。

※超高屈折レンズ(ガラス等)は『アッベ数』が低下します。
→色収差が発生して、色がにじんで見えたり、

 またプラスチックレンズはコートの寿命が短いものもあります。
 あまり厚みが変わらなければ、無理に上位レンズにしない方が吉。

比重
○比重は大きいほど重くなります。
→屈折率の高いレンズほど、比重が大きく、重くなります。




[D] 表面コート


☆上の例のように『コーティング無し』『コーティング』レンズがあります。

コート種類説明
ノンコート表面に何のコートもしていないレンズ。
一般的に、度なしサングラスに使用されます。
ハードコート表面に傷を少しつきにくくするコーティングをしているレンズ。
マルチコートハード・コートを施した上から、
表面の乱反射を防ぐ、反射防止コートがついたレンズ。
(度付レンズは、ほとんどされています。)



☆また、代表的な『特殊コーティング』には、下記のようなものがあります。 

 

特殊コーティング名説明
UVカットコートUV(紫外線)をカットするコート。
屈折率1.60以上のレンズは、
素材に練りこんでいて標準装備が多い。
耐傷性コート表面のコーティングを特殊な加工で強化して、
耐傷性を増したコート
複数の上位コーティングで開発されています。
撥水・撥油性コート表面を撥水、撥油性のコートをかけ、
汚れをつきにくく、またふき取りやすくしました。

摩擦係数が下がるので、耐傷性も相対的に高まります。
防曇加工コート定期的に、曇止め溶剤を塗ることで、
防曇効果を高めたコーティング。

溶剤を塗り続ける必要があるので、
普通のレンズに曇り止めを塗って
間に合う人はそれでもよろしいかと
存じます。
眼の負担軽減・
補助カラー
様々な特殊カラーフィルターなどを使用して、
物体の認識をしやすくして、眼を助けるカラー。
LED等の青色光(ブルーライト)カットコートも
出てきています。
調光コーティング紫外線を受けると色が変わる(色が付く)コート。
変光レンズと呼ぶ方もいますが、正しくは調光レンズ。
 
日本はずっと色のつくレンズが多いですが、
海外では日本よりも高い普及率になっています。



☆このほかにも、様々なコーティングがあります。
 用途に応じて、お選びになるのもよろしいのではないでしょうか?


☆では次は、「累進初装者向け基礎知識」の「眼精疲労と老眼の仕組み」です。


このエントリーをはてなブックマークに追加