「累進レンズの仕組みと種類」-遠近両用・中近両用・近々両用・眼精疲労軽減型眼鏡の説明-

 

 『累進レンズ』の『仕組み』と『種類』


昔は『遠近両用メガネ』は、
下図のような、近く用度数を埋めこんだ、『2重焦点レンズ』が主流でした。

 【2重焦点レンズの模式図】
◇『2重焦点レンズの特徴』は、『遠く用レンズ』に、
 『近く用の度数』を貼り付けたデザイン。

 1つのメガネで『遠・近』共に見える優れた機能を発揮。


しかし『中間の度数がない』『老眼入りと一目で分かる』
という2つの理由から、
境目のない遠近両用(累進レンズ)の誕生を迎えました。

 そして技術が進歩し、現在の主流は『累進レンズ』へと変化していきました。



(1)【 累進レンズの仕組み 】

『1枚のレンズで境目がなく、徐々に度数が変化するレンズ』を、
『累進レンズ』と呼びます。

『境目のない遠近両用眼鏡レンズ』も、『累進メガネレンズ』の種類の一種です。



  【】 : 遠方度数
  【】 : 中間度数
  【】 : 近方度数

  ※ この図は遠近両用の模式図。
◇『累進レンズ』の特徴は、
  様々な度数が入っている、境目のないデザイン。

 左の図のように遠方と近方の度数の他に、
  緑色で記した『中間度数』が存在。

 どの距離でもピントが合い、便利さがアップ。

←左の図は、遠近両用の模式図です。
(絵心がなくて、申し訳ありません。)



(2)【 累進レンズの種類 】 – 遠近・中近・近々両用・疲労軽減型 –

 

☆『 遠近両用眼鏡 』は、

常時眼鏡をかけたまま、
一日を過ごしたいお客様にお勧めです。

◇また、遠近両用が初めての方で、

今の眼鏡でも近くが見えないわけでない、
初期の老眼の方にもお勧めです。

 

☆『 中近両用眼鏡 』は、

『遠近両用眼鏡』もあるが、
『事務仕事向きを持ちたい方』や、
『累進レンズ初』、
オフィスや家の室内用で十分なお客様に。

過去に遠近両用眼鏡に慣れなかった方が、
先ずは中近両用眼鏡で再トライしたい
お客様にお勧め。

中近両用眼鏡は、使い方や度数等の
諸条件によっては、遠近両用眼鏡より
慣れやすくなる可能性があります。

 

☆『近々両用メガネ』は、

老眼の強い方には、奥行き用度数。
老眼初期の方には、遠くまで見える
度数という便利さがあります。

→『メガネを掛けたまま歩かない』方、
 遠方の矯正が不要で
『眼鏡自体が初めて』の方や、
『眼鏡を掛ける習慣がない方』にお勧め。

 

☆『眼精疲労軽減(目的)型』は、

大雑把に言えば、
『遠近両用メガネ』とほぼ同じ原理です。

『長時間の近方作業をする』
学生・大人を対象として、

『レンズ下部に負担軽減度数を加えた』
新しい設計です。

☆通常は遠近両用眼鏡よりも
 上下幅の小さいフレームでも製作可能。

☆【遠近両用】/【中近両用】/【近々両用】/【眼精疲労軽減型】の
 累進レンズを4つに分類してみました。

 分かりやすいよう、下表のようにまとめましたので、ご覧下さい。

 

(3)【各累進レンズの簡単な比較・補足説明】-重複説明あり

 

遠近両用レンズ中近両用レンズ近々両用レンズ眼精疲労軽減型
累進レンズ
[ 加入度数 ] ※1
+0.75~3.50
(一部に+0.50あり)
[ 加入度数 ] ※1
+1.00~3.50
[ 加入度数 ] ※2
-1.00 or -1.50
[ 加入度数 ] ※1
+0.53 or +0.88
[ 累進帯 ] ※3
15 or 14 ㎜
14 or 11 ㎜
20 mm
[ 累進帯 ] ※3
23.5 mm
20.0 mm
遠方度数が
多く存在し、

中間と近方度数は、
バランスよく分布。
遠方度数を減らし、
中間と近方に
ゆとり有り。

度数変化が少ない分
横に面積が広がる。
ほぼ近方用度数で、

上方ピンク色の
【奥行き用度数】
あり。
ほぼ遠用度数で
構成。

【負担軽減用度数】
領域を
下部に分布。
◇営業職
◇旅行
◇ドライブ
◇ショッピング
◇フィッシング
◇管理職
◇盆栽
◇料理
◇美容師・理髪師
◇パソコン
◇オペレーター
◇デザイナー
◇書道
◇読書
◇パソコン
10代以上でお客様で
長時間のパソコン
事務作業等で
眼が疲れる方。

老眼は早いかな?
けど疲れるなぁ。
というお客様に。
スタンダード設計

ハイグレード設計
あり ※4
スタンダード設計

ハイグレード設計
あり ※4
着席した状態での
使用を前提に設計。
使い方としては、
遠近両用眼鏡と同じ

歩行しながらの
使用を想定。

 ※ 【各設計の数値】→HOYAレンズを実際のレンズを例にしています。

 ※1【加入度数】:遠用度数から近用度数へ変化している度数値。
   (例)遠用度数 S-5.00 近用度数 S-3.50 加入度数(ADD) +1.50

 ※2【近々両用加入度数のマイナス表示の理由】
   =近用から奥行き(遠く用)度数へ計算して製作するため。
(例)近用度数 S-2.00 奥行度数 S-3.00 加入度数(ADD) -1.00 

 ※3【累進帯】
  =遠用から近用までの度数変化が起こる長さ。用途によって選択。

 ※4【スタンダード】と【ハイグレード】設計で異なります。
    (グレードの詳しい説明は、ココをクリック。)

 ※5【遠近両用眼鏡メガネ】と【眼精疲労軽減型累進レンズ】の違いは、
   『 ココ 』をクリックしてご覧下さい。

 ※6【中近両用メガネ】補足説明は、『 ココ 』をクリックしてご覧下さい。

 

 ★最近のメガネフレームの流行は、比較的上下幅の狭い、細いデザイン。
  これに合わせて小さいフレーム専用の累進レンズも発売されています。

  補足すると製作するスタッフの考え方で大きく変わる部分なので、
  当店(三共メガネ)でなく、私(筆者)の個人的な考えで参考までに。
 
 
→遠近・中近・近々両用・疲労軽減型夫々に必要な縦幅は『累進レンズ別縦幅表』を。

→累進サングラス検討中の方は『遠近両用サングラスのコンセプト』を。


 それぞれの用途によって累進レンズ選びの経験者の参考にご覧下さい。
⇒ 該当文字クリックすると、リンクページが開きます。


  ◇次は、「累進レンズの設計(グレード)」です。(クリックするとジャンプします。)



このエントリーをはてなブックマークに追加