各累進レンズ毎の必要なメガネフレームの縦幅?-遠近・中近・近々両用メガネフレームの選び方-

 

【 遠近両用や中近両用眼鏡向きのフレームとは?】 -初心者向けに-

 

 アドバイスに近い形になりますが、よくご質問頂くので記しました。

 お客様毎に過去にかけている眼鏡の大きさや使い方が違うので、
 一律にいえないので、設計上の観点を重視してみました。

 あくまで1つの考え方ですので、妄信するようなことはしないで下さい。


(1)【それぞれの累進レンズの適したフレームは?】

レンズの種類当店推奨の累進レンズに必要な上下幅おすすめのフレームデザイン
遠近両用メガネ◇スタンダード設計で、33ミリ前後。
→初心者は35ミリ位もあると、
 より安心。

ハイグレード設計で、30mm前後
→初心者は33ミリ位もあれば、
 より安心。

◇特殊設計なら、最小25mmも可。
→小さなフレーム向け設計
かけ外しが少ないので、
フルリム・ナイロール・
フチなし

どれでもお好みでどうぞ。
中近両用メガネ上下幅32ミリ前後がオススメ。

※ある程度遠くも見たい場合
→遠用部分をフルに使うなら、
 35ミリ弱にするのも吉。

→遠くを必要でなく、
 中間・近用部重視なら

 30ミリ以下でも作れます。

☆上下幅の狭いタイプにして
 遠くの見方を考慮した
 新型中近両用も出ました。
かけ外しが少ないので、

フルリム・ナイロール・
フチなし

どれでもお好みでどうぞ。
近々両用メガネ◇30mm弱程度の上下幅が必要。かけ外しが多くなるので、

型崩れしにくい
フルリムがおすすめ。
眼精疲労軽減型
累進レンズ
◇上下幅28~30ミリ前後必要。かけ外しが少ないので、
フルリム・ナイロール・
フチなし、

どれでもお好みでどうぞ。
老眼専用
単焦点レンズ
重量を軽くするなら、
小さめオススメ。

強い近視や遠視の方は、
特に小さいほうが軽くなる。
かけはずしが多くなるので、
眼鏡の歪みや型崩れが心配なら
型崩れしにくいフルリム。

ふちなし眼鏡も製作可能ですが、
構造的に繊細で曲がりやすい為、
あまりオススメしておりません。


★あと共通していえることは、前傾角が調整できるフレームであること。
 前傾角がないフレームは不向きですので…。


※前傾角とは?
~眼鏡のツルを地面と平行にして横から見た時に、
 レンズ部分がやや斜めになっています。その角度のことです。

~ほとんどの眼鏡は調整できますが、フロント部分がプラスチック系素材、
 TR系素材、デザインによっては金属製でも稀に出来ないものがあります。


☆お持込になる際は、ご購入先で「遠近両用向きの眼鏡ですか?」と
 念のため確認されることをお勧めします。



◇ 上記の『目安』の補足説明


☆当店の『過去のお客様のご満足度合の経験』を元に推奨上下幅を記載。
 つまり、メーカー/眼鏡技術者やスタッフ間で、見解の相違もあります。
 予めご了承下さい。


⇒相違は、眼鏡製作者が『お客様が実際に使いこなされた上下幅』の経験と
 『眼鏡製作者の理想とする上下幅』のバランスに経験差から、主に生じます。


 私の見解は、両者の『中間』から『実際にお作りした経験』より。
 ややお客様の実体験・判断よりだと思います。


※『現在使用中の眼鏡の大きさ』/『物を見る時の癖う』/『使用環境』など、
 諸条件によっては上記よりも、2ミリ程度大きい方が良い場合もございます。


 理由は、【現在使用中の眼鏡のサイズ】は非常に重要な要素で、
 新しい『累進レンズの眼鏡』を選ぶ際、『視野の広さ』を比較しますし、


 『眼鏡を使う時の癖』、『物の見方の癖』と連動しているからです。


 是非眼鏡をお作りの際は、【必ず古い眼鏡】をお買上げ予定店舗に持参され、
 担当するスタッフによく相談してください。 (^-^)




(2)【各累進レンズ用に眼鏡を選ぶ時のその他の注意点】

 

 

①【遠視】のお客様へ

☆レンズ中央が厚くなる『プラス表示の度数レンズ』(凸レンズ)を使用するので、
  『フルリム』タイプにした方が、強度が高くなります。

~また、なるべくレンズを薄くしたい場合も『フルリム』がオススメです。

 

②【プラスチック系素材フレーム】で累進レンズを希望のお客様へ

☆『鼻あて式』ではなく、
 『鼻パット式』フレームの方が、望ましい事がございます。

→『パット式』は歪みの緩和がしやすく、近方視もしやすくなります。
→『ズレ落ちにくさ』の点でも、『パット式』の方が優れています。

★初心者には、傾斜角などの調整もしやすい、メタルタイプがお薦め。

 

③【中近両用メガネレンズ】を推奨幅よりも小さい
32ミリ以下の上下幅の眼鏡に入れたいお客様へ

 目の中心のレイアウトがどこになるかにもよりますが、
 『遠くを見るための度数』の部分が削られてしまうことがあります。

→この場合、【加入度数】(老眼の程度を表す度数)によりますが、
 近々両用眼鏡に近い明視(=見える)範囲になる場合もあります。

 それでも、度数の分布と面積が異なるので、
 眼鏡を装用したままでの【室内程度の歩行】を考えた場合は、

 近々両用眼鏡よりも『中近両用メガネ』の方が
 より『遠近両用眼鏡』に近いデスクワーク使い方ができます。

 

④『上下幅30mmでは、累進帯14ミリタイプの遠近両用眼鏡は作れない』

 『累進帯11ミリタイプでないと作れない』と他店で言われてしまったお客様へ

→回答が長文になるので、【 ココ 】をクリックしてご覧下さいませ。

 

⑤早く慣れる為にも、【既用メガネとの併用】をオススメします。

 古いメガネと『交互に使う』ことで、無理なく切り替えて、使えるようになります。

☆累進初体験者は特に、一気に慣らそうとしないで下さい。
 少しずつ装用時間を延ばすようになさって下さい。

 無理をすると逆に疲れてしまうのでご注意下さい。d(^-^*)



◇どのタイプの累進レンズでも、使い慣れてくると、
 『これよりも上下の細い』フレームで、使える方もいらっしゃいます。


◇今まで使っていた眼鏡の縦幅が小さい場合は、
 『最初から上下幅』が狭くても、慣れやすい方が多いです。

 逆に今まで大きな眼鏡をお使いでしたら、
 極端に小さくしすぎないように、どうぞお気をつけ下さい。



☆次は、アドバイス編の「遠近両用眼鏡の失敗例に学ぶ」に進みます。
~上の文字↑ ↑ ↑ ↑ ↑ をクリックして下さい。


このエントリーをはてなブックマークに追加