スタッフの選び方-快適な遠近両用メガネを作る為のポイント-

 

【 スタッフの選び方 】


◇『購入予定店』が決まったら、次は『スタッフ選び』です。
 『遠近両用眼鏡レンズ』を始め『累進レンズ』はコンサルティング商品です。


 単純に度数測定、レンズ加工して、使いやすい眼鏡になるのではありません。
 『同度数・同じ種類のレンズ』を使っても、
 『製作者の意図が異なって作る』と使い勝手が全く異なることがあります。



 『お店選び』と同様か、それ以上に『スタッフ選び』は慎重さが必要です。


※あくまで私見ですので絶対ではありません事、予めご了承頂きまして、
 最終的には、お客様ご自身のご判断と責任の下、スタッフをお選び下さい。



◇【高級店】の場合

☆遠近両用眼鏡希望のお客様のお相手を【アルバイト・パート】に任せません。
 基本的に、一定水準以上の(ベテラン)社員がお相手を致します。


→社員の能力に個人差があると思いますが、社員が対応する点では安心です。
 また、もし不具合の出た場合も、その他に経験が豊富な方がいると思うので、
 きちんと対応してくれると思います。


→1つの方法ですが、第一印象や直感で、例えばお客様の方から
 「遠近両用眼鏡を検討中で、無料体験できますか?」とお声をおかけ下さい。
 (無料体験を行っていない会社もあるので、その場合はお許し下さい。)


→体験後に納得してお気に召されれば、安心してご注文頂けますし、
 そのまま注文するのも有りかと存じます。



◇【チェーン店】の場合

☆こちらも基本的に、『遠近両用眼鏡レンズ』希望者のお相手は、
 まず経験の浅いアルバイト・パートに任せないと思います。

→やはり視力測定・検査や対応を見てご質問もされて、ご自身でご判断下さい。



◇【激安店】の場合

☆激安店は人件費も削りますから、社員は少人数の傾向があります。

 もし、激安店を見かけて、売り場に1人しかいなければ、
 バイト1人運営店はないと思うので社員さんの可能性が高いです。


 休憩などで一時的にいないケースを除けば、常識的に考えれば、
 アルバイト・パートに当たる確率は低いと思います。
→視力測定・検査や対応を見て、ご自身でご判断下さい。


☆店員の人数が多い激安店は、社員少数、バイト多数の場合があります。
 製作前に、「最低」でも必ず社員の方を見つけることをお奨めします。

⇒全てとは言いませんが、販売単価が低いため、少人数で運営する必要があり、
 客数を回すと考える会社は、検査を端折る等、サービス低下がしやすいです。


 その点から考えて、始めから『店長さん指名』で見てもらえば、
 リスクをかなり減らせます。

 このような場合「初めてだから、『店長指名』でお願いします。」といって
 様子を見るのが一番安全でしょうし、相手の気持ちも悪くないと思います。


 もちろん「店長指名」も、人間ですから相性もあるかもしれませんが、
 『高級店』も『チェーン店』でも、この方法が無難かもしれません。

 難しいのは、店長が測定などを含めて、お店で一番上手とは限りませんが、
 ある一定のレベルに達してる事は間違いないと思うので…。



◇【個人店】の場合

☆個人店の場合は、近所の皆さんの口コミが一番あてになります。

 素人のアルバイト・またはパートに当たる事はないですが、
 程度の差はありますが、こだわりのある『個性的な店(主)』が多いです。
 (^-^;)←私?

 大手チェーン店と違い、お店の外観も個性的かもしれません。

 来店する前に、通りから『店の雰囲気』や『お店の中の人』を
 よく観察・確認して、入店することをオススメします。


 私どもは個人店に該当しますし、率直に書かせていただくと、
 自店を見て、やっぱり入りにくいだろうと思います。 (^^;;)>


 このHPを書いて、もっともっと努力をしていきたいと改めて思いました。


☆結論ぽくなりますが、どのお店の形態でもそうですが、
 ある程度、安全性が高いのは「店長指名」で作ること。

 また店長指名する勇気がなければ、店内を見回し、第一印象で決めて下さい。

 これは本気で言うのですが、『直感』と『第一印象』は当たる事が多いです。



◇ 共通していえること ~「快適な遠近両用眼鏡を作る」のに必要なこと~

★「快適な遠近両用を作る」のに絶対必要なことは主に2つ。
 「専門的な教育・知識」と「豊富な経験」です。


 眼鏡屋は全て専門教育を受けていると思われがちですが、
 そういう人の方がはるかに少ないです。

 眼鏡専門学校では2~3年の学習(「専門的な教育・知識」)が必要です。

 現在は少なくなってきていますが、昔ながらの技術系社長の店舗では、
 いわば徒弟制で、専門学校に勝るとも劣らない教育がなされているそうです。

 他方で「眼の解剖や生理学」、「眼疾患」、「眼科学」等や「視機能」、
 「各種屈折検査方法」など、時間を要する事を全く無教育だったり、

 レジメ数枚の社内教育で終了という会社が殆どという業界の状態です。


 ぜひ「測定技術や物理的な調節能力」がある方がお相手をするお店で、
 慣れやすく、快適な眼鏡の提案を受けて、安心してお作り下さい。


 そして「豊富な経験」について。

 私も製作する度に思いますが、過去の事例や経験が積み重なるほど、
 自分の中に「色々な引き出し」ができます。

 おかげで、お客様により良いご提案ができるようになったと実感しています。
 そしてこれからもまだまだその引き出しは増えていくと思います。


 お客様のご不自由を解消できる問題解決能力のあるスタッフさんと
 メガネをお作りになることをお勧めします。



◇ 追記: 就活生から相談メールがあったので記載します。

 

 

 【 眼鏡に携わる仕事に就職希望の方へ
 
 
  眼鏡業界は、上記に記載しましたが専門性もあって、人の役に立つ仕事です。
  対面でお客様のお相手するので、やり甲斐も実感しやすいです。

  しかし、専門知識の習得は、従業員教育に力を入れている社長の会社を除き、
  多くの会社が何日かの研修のみで、簡単な社員教育では得られないので、

 本格的に学びたい方は自費で、眼鏡専門学校入学をお勧めします。


 実際に勉強すると分かりますが、良い眼鏡作成するには相応の時間を要します。


 客数回転のビジネスモデル会社では、方針にそぐわないので未習になるので、
 眼鏡作りにこだわりのある会社に行かない方は、専門学校で学ぶことをお勧めします。


 そして次に本当に良い眼鏡を作りたいなら、
 時間をかけることに肯定的な会社を選ぶことをお勧めします。

  具体的には、平均勤続年数が短い会社にはご注意を。
 (
常に求人票が出てるところは要注意)

 そういう会社は業界別を問わず、社員を部品程度にしか考えず、
 体系的教育も期待できません。

  あとは他の業界研究と一緒です。順番が逆になっていますが、
  業界自体の将来性もよく考えて、充実した就職活動をお祈り致しております。





☆スタッフを選んだ後~何らかの評価をしてみましょう~

◇視力測定や説明を受けられたら、今度はお客様が、
 『スタッフを評価』して、製作依頼をするかどうかを考えましょう。

 その時の判断材料のひとつとして、『 簡易チェックポイント 』を記しました。
 次の章を参考にご覧くださいませ。


◆次は、「 選ぶ時の簡易チェックポイント 
」です。(←クリックでジャンプ。)




このエントリーをはてなブックマークに追加