レイアウト・プレフィッティング-快適な遠近両用眼鏡を作るためのプロセス

 

【 レイアウトとプレ・フィッティング 】

◆度数測定後、フレームに累進レンズをどのような配置で加工するのか。
 そのレイアウトを決めなければなりません。

 ただレイアウトと言われても漠然としていると思います。
 当店での【レイアウトとプレ・フィッティング】について一例を記します。


【レイアウト】とは…

 簡単にいうと、使用するフレームのレンズデザインに対して、
 どの部分に、どういった度数を持っていくかの配置を決めることです。

  上の図は、レイアウトを受注用パソコン上に表示した一例です。

  上の丸が遠く用の度数を測る場所。下の丸が近く用の度数を測定する箇所です。
  上の丸の下の×が、眼の位置を示しているとお考えください。


◆お客様の使用方法や環境、眼の使い方などで、この位置は変わっていきます。
 ~特に当店はこの点を重視してお作りしております。
 (もう少し詳しくはココをクリック)


【プレ・フィッティング】は…

 またレイアウトを決める際には、お客様が眼鏡をかける位置を把握しつつ、
 眼鏡のかける位置などを固定しておかなければなりません。

 そのためにプレ・フィッティングを行う必要が生じます。

 なぜ『プレ』がついているかというと、レンズ加工して組み立てると、
 『重量バランスが変わる』のと『フレームカーブが変化』することがあり、

 組立後に再度、本フィッティングを行うためにつけています。


 『顔の幅に合わせたり耳のかかり具合』がフィッティングと思われがちですが
 『前傾角』や『あおり角』といった傾き角度を調整します。
  
 特に累進レンズの場合は単焦点レンズよりも視線が通る角度によって、
 物の見え方が変わってきます。


 この角度は単焦点レンズの時よりも深い方が良い場合が多く、
 初めから累進レンズ用の角度で製作するフレームメーカーもあります。

 しかし、お客様の眼の使い方で浅い方が良い方もいらっしゃいますので、
 あくまでよくお客様のタイプを見極めて行うプロセスになります。

 他にもレンズから目までの距離によっても変わってきますので、
 短い時間でたくさんのことを判断して、

 実際にはレイアウトとプレフィッティングは同時に行っていきます。



◆次は「 受取日のチェックポイント 」です。(←クリックするとジャンプします。)

このエントリーをはてなブックマークに追加