当店 関連 FAQ集


【当店サービスよく頂くご質問のQ&A】-FAQ-


☆ご来店検討中の時に、お客様からよく頂戴するご質問と、
 それに対する回答を掲載しております。


 実際に問い合わせて質問するのは、勇気がいるものだと思います。
 少しでもお客様の負担が少なくなれば幸いです。



 【 Q&A まとめ 】 >⇒ 対応する(A?)をクリックしてご覧下さい。

(Q0) 「今、累進レンズの相談会は行っていますか?」(A0)
(Q1) 「お客さまによっては他の測定法をする」と、
  度数測定のページにありますが、別料金ですか?
(A1)
(Q2) 【 度数決定の為のテスト装用について 】(A2)
(Q3) 【 レンズ注文の注意点 】-変更・キャンセルの事前説明(A3)
(Q4) 【 当店製作の遠近両用眼鏡のイメージ 】- 製作例 –(A4)
(Q5) 【 フレーム・レンズのコンセプト 】- 説明 ・ 価格 –(A5)
(Q6) 【 お品物の保証について 】(A6)
(Q7) 【 ご持参フレームでの製作について 】(A7)
(Q8) 『 プラスチック系フレームでの遠近両用製作について 』(A8)
(Q9) 「 免許用の奥行き(深視力)検査機器はありますか?」(A9)
(Q10) 【 ご相談内容の取扱について 】(A10)
   
   





  【 当店のコンセプト 】 – まとめ –







(Q0)「今、累進レンズの相談会は行っていますか?」



(A0)

◇三共メガネでは常時、累進レンズの御相談を承っております。
 お気軽にご相談下さい。



 HPでも記載しているとおり、
 必ずしも万人に累進眼鏡レンズがあうとは考えておりません。

 無理に累進レンズをお勧めすることはございませんので、ご安心下さい。


 逆に経験上も含めて、ご希望累進レンズで装用困難の可能性を感じた場合、
 私どもから測定後にお知らせすることもございます。

 最終的にお客様がご判断下さい。



お客様と御一緒に最適な度数を探しご提案していくスタンス
 当店は眼鏡を作製致します。


 眼鏡店(屋)は気難しい人が多いと思うお客様も多くいらっしゃいますが、
 ご来店時にはリラックスして、ご希望を十分にお知らせ頂ければ幸いです
 (=^-^=)


~現在の催しはコチラの別HPでご確認ください。


※なお当HPでも記載しておりますが、
 ご提案度数のお持ち帰りはご遠慮頂いております。



– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

(Q1)「『お客様によっては他の測定法をする』と度数測定ページにありますが別料金ですか? 」

(A1)
 
◇お客様によっては短くなることもある測定時間ですが、
   長くなった場合でも、別料金は発生しません。

 また、ご相談(=コンサルタント料金)も頂きません。

※「ご相談(コンサルティング)や測定結果」により、
 「当店が、眼鏡製作の中止や辞退したりする場合」、

 「お客様が、当店でのご購入をなさらない場合」も
  この種の料金が発生することはございません。


◆「コンサルティング」・「測定」、その他当店のサービスは、
 「商品代金(フレーム代やレンズ代)」に総合的に含まれている。

 そのようにお考え頂ければ幸いでございます。(^^)

☆使いやすく、慣れやすい眼鏡作りに必要なことは、
 私どもで良く考えて、お客様の大切な時間を頂戴して行います。

 ⇒根本的な考えとして、私ども測定者が度数を決めるのではなく、
 【専門的立場からみた『ご提案度数』】をお試し頂き、

   お客様のご意見・ご感想を伺って、さらなる改良を行い、
 最終的な『製作度数』をお客様にご選択・ご決定頂きます。


 眼鏡は「物を見る道具」という一面があり、
 使う人の使いやすさを大事にしなければなりません。

 使い手と専門家の2重チェックで出来る度数が、
 お客様の最適度数となりえます。(=^-^=)
 
 
 
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

(Q2)「作る前のテスト装用はどのように行っていますか?」

(A2)

◇当店では『ご提案度数』をかけて頂く際に、
 各種テスト装用体験レンズ
を豊富にご用意しております。


 まず現在ご用意している【装用体験用テストレンズ】を列挙致します。


 遠近両用 :GP / サミットプロ / サミットプレミアム / JAZ
         / LSV (FD) / iD 等
 中近両用 :両面複合設計 クリアーク タイプ / TACT タイプ
 近々両用 :レクチュール タイプ
 疲労軽減型:リマーク タイプ
 2重焦点 :バイフォーカル25  約12種類と豊富にご用意(^-^)


 各レンズの説明はHOYAのHPでご覧下さい。( http://www.vc.hoya.co.jp/


 お客様からのご希望が特にない場合は、
 とりあえず≪おすすめレンズ≫をおかけ頂きます。



◇テスト装用時もお客様をほっておくのではなく、ご説明を交えながら、
 具体的な装用感などを伺って、ご意見・ご感想を反映した度数をご提案。


 お客様がご納得いかれるまで、比較対象して決めて頂きます。



★「低価格化をお客様の回転数アップで補うビジネスモデル」の弊害による、
 「測定の簡素(システム)・ルーチン化」や「装用時間の放置・短時間化」で


 「お客様の使いやすさ・見易さ」よりも、スタッフ主導の誘導接客短縮で、
 度数決定された結果、

 問題が起きて、ご相談購入来店されるお客様をお見受けしております



 当店ではこれからも、多くの面でお客様にイニシアチブをお持ち頂いて、
 迷われた時やお困りの時に、専門的立場からアドバイスさせて頂きます。
 (^-^)



– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

(Q3)『当店のレンズ注文方法について』-内容変更・キャンセル説明-

(A3)

◇当店のレンズ注文方法は、店舗端末(パソコン)に注文データを入力して、
 メーカーサーバーに直接送信して、注文データがサーバーに蓄積されます。


 この蓄積された注文データは一時間に数回程度の頻度で、
 工場側が注文情報を吸い上げて、即時に生産を開始します。


 このため、データの吸上げ後の変更は生産ラインを止める必要があり、
 それは不可能ですから、ご注文前に内容をよくご確認下さいませ。


※なお吸上げ時間は不定期で決まっていないので、
 受注後40分以上経ってもキャンセル可能な場合もありますが、

 タイミングによっては5分程度で不可能な場合もあります。
 ご注文時には、カラーなどのごオーダー内容を慎重にお決め下さい。


~私も自分で注文を間違えてしまって大変な思いを致しました……。(T-T)
 ちなみに、カラーの濃さだけの変更も出来なくなるので、ご注意下さい。


~なおメーカー在庫品で当店加工の場合は、当店で加工前なら変更可能です。


★キャンセルする場合も注文内容変更と同じ基準となります。ご注意下さい。



– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

(Q4)「初めての遠近両用眼鏡のイメージがわかない。製作例を知りたい。」

(A4)

◇実際の製作例をアップしているHPは下記の通りです。

 【各種 累進メガネ 製作参考例 ページ】: ココをクリック


~『遠近両用』『中近両用』『近々両用』『眼精疲労軽減型』の
 各種累進レンズ製作例を年代と性別を記して掲載しております。

 眼鏡のイメージがわきますので、どうぞご覧下さいませ。


御買い上げ金額は、ご購入者の個人情報になります
 このため特定出来ないよう価格は全て『\88,888,888』表示にしております。



– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

(Q5)【 おすすめのフレーム・レンズ 】- デザイン ・ 価格 –

(A5)

◇当店のフレーム選びのコンセプトは、『親戚や友達にすすめられる』こと。
 レンズ選びのコンセプトは、「長く使うから出来るだけ快適さを追求」すること。

 フレーム・レンズどちらとも、『自分で使ってみて良かった』物などは、
 自分の体験を通して、ご選択の手助けになるようお話し致します。


 価格については、フレーム価格・レンズ価格を別々に表示しています。
 下のリンクで、価格表示しておりますので、ご来店予約前に予めご覧下さいませ。

 ※どのようなフレームやレンズをお客様が選ばれるかは、
  超能力もない私には、購入お見積りはできません。

  製作費用は、お客様が購入される製品代金の合算ですから、
  取扱品一例を下記に記しますので、ご自身でお見積もりをお願いします。

 

 コンセプト

【フレーム】

定番の紳士・婦人系から、流行の『シンプル系』、『上品系・堅実系』等。
この他にも『機能性などでかけ心地の良い』もご用意しております。

⇒ 男性向きのフレームの例: ココを。
⇒ 女性向きのフレームの例: ココを。
⇒ 男女兼用系フレームの例: ココを、其々クリックしてご覧下さい。

※掲載製品は、在庫の一部で、
 リピートの多いフレームや日本メーカー品が中心。
 店頭では、フレーム価格は1万円代から18金といった高級品まで様々です。

【レンズ】


 数年使うことを考慮し、HOYAレンズの中でも新型外面累進設計等の、
 遠近両用や中近両用レンズ等は、「現行」または「最新」設計を推奨。

 本HPでも、簡易記載しております。(参考にどうぞ)

 ・おすすめ遠近両用レンズ: ココをクリック
 ・おすすめ中近両用レンズ: ココをクリック


 価格については、下記ページで御案内しております。
 
 【主な累進レンズの価格・簡易説明】
 ・ココをクリックしてご覧下さい。(2枚1組の価格表示)

※ 「○○両用レンズ一覧」(¥88,888,888)に、
 おすすめの両面複合設計や両面非球面設計のレンズをまとめて表示。

 そちらを見れば、それぞれの特徴も記載しているので、
 参考になりやすいので、ご覧下さいませ。

 

 



◇上記ページに、仮にお好みのフレームとレンズがあったとすると、
 そのフレーム+レンズの値段』で概算見積ができます。


◇お客様から「どれくらいの割引率か」のご質問頂くことがございます。

 昨今、知る限りほとんどのメーカーが希望価格(定価)をオープン化。
 オリジナルレンズも出回り、価格と品質比較がしづらくなっています。

 このため、システム上表示される「定価」の欄に、

 ① 定価表示をやめる前に配布されていた定価表の価格、または
 ② 当店が割引(セール終了後含む)を出来なくなった時の価格を記載。


 それを計算すればわかることですが、
 当店は、昔でいう定価の大体20~40%オフした価格の眼鏡専門店です。

 ※ HOYAの一部製品とNIKON・SEIKO等の他社製品だと、
   ほぼ定価の価格になることもございます。

 価格訴求店ではありませんので、予め御了承下さい。



 【セット品】について


 一般的にセット品は、低価格でご提供できるように、
 フレーム・レンズ・人的サービスを過剰品質を削減して構成します。

 でも過剰品質の削減といって印象操作しても、結局品質低下なので、
 自分がお客様だったら、嫌だと思う品質にはしたくないです。

 ※ ですので、当店では、

 セット品もプロパー品と同様にこだわるため、展示数が限られ、
 紳士用・婦人用とも、量販店のような数はございません。

 単焦点レンズでは、上下幅は無問題ですが、
 累進レンズは上下幅が必要で、対応セット品がほとんどないこともあります。


⇒このためセット品検討のお客様は、メッセージBOX(ココをクリック)にて、
 下記の内容をご来店前にお知らせ下さい。

 ≪ご投稿内容≫は「当店に関すること」を選択して、
 ≪コメント欄≫に【お使い眼鏡のレンズサイズ(mm)】と【ご予算】
         【希望する累進レンズの種類(遠近両用など)】

 以上をご記入、ご送信下さい。


 【対象セット品の写真】を、48時間以内に御記載アドレスに返信致します。
  累進セットで対応品がない場合もありますので、予め御了承下さい。

 ※なおパソコンアドレスまたはGmail等のアドレスをお知らせ下さい。
 ⇒携帯キャリアだと写真の制限やスパム判定で送れない可能性があります。





– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

(Q6)【お品物の保証について】

(A6)

(1)フレーム

◇眼鏡の流行は現在とても速く、
 初期生産を完了するとリピート生産がほとんどありません。

 また部品のストック等もコスト削減のため、
 メーカーによってはストックしない事もございます。

 上記の理由により全商品一律の保証が出来ませんので、
 初期不良を除き、以下の対応とさせて頂きます。


★[フレームやその一部品]に交換や修理が必要となった場合、

 メーカー在庫がある場合  お買上げから1年間、お買上金額の半額保証交換させて頂きます。


 もしメーカーに、在庫のない場合は、
 現品で修理特別価格
にて対応させて頂きます。

なお修理対応中の貸出眼鏡はございません。
 必ず予備の眼鏡を必ずお持ち下さい

(古い眼鏡は予備としてお持ち下さい。)



(2)レンズ

◇レンズの保証期間はお買い上げから3ヶ月で、
 下記の内容で保証対応致します。

お客様都合(具体例は下のカッコ内)や
(傷や破損・無色注文⇔カラーに変更・カラー種類や濃度の変更等)
 製作合意した度数変更する為の交換は、

 お買上げ金額の半額保証対応致します。


◇なお、眼科処方箋にて製作の場合で、
 3か月以内に≪治療等による≫眼科処方箋等による交換指示には、
 左右1回ずつにかぎり無償対応致します。


※フレーム・レンズともお客様の下での、
 紛失、破損や汚れ等は保証対応致しません。

 ご注意ください。



(3)セット商品

セットのフレーム保証はございません
(単品の特別セール価格フレームも含みます。)

セットレンズの保証期間は、交換理由(眼科指示含む)を問わず、
 御買上げから3か月以内の期間なら、

 ご購入セット価格の半額にて、有償交換させて頂きます。



– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

(Q7)『気に入ったフレームがあるので、それにレンズだけ作れますか?』

(A7)
  ご来店検討者からよく頂くご質問 | 三共メガネ

◇『レンズだけの購入は、嫌がられるのでは?』と思われがちですが、
 ご持参フレームへのレンズ製作も、喜んでお受けしております。


 『 [測定]と[レンズコンサルタント]は任せたい』というお言葉は、
 眼鏡屋とって、最大のお褒めのお言葉だと存じております。(^-^)


 常連のお客様にもこの場をお借りして、心より深く感謝申し上げます。
 誠にありがとうございます。


★ まず、持込フレームの場合の加工料金ですが、
⇒ フチあり、ハーフリムのフレームは、加工料金不要、レンズ代のみ。

⇒ フチなしのみ、レンズ代金のほかに、加工料金を頂戴致します。
 (加工料金は、1組3,000円~4,000円 – 税別 – です。)


★ つぎに、御希望の累進レンズによって必要な縦幅が異なります。
  当店での一つの目安を記します。フレームをご持参される際の参考にご覧下さい。


①遠近両用レンズ 上下幅は約30㎜前後 
⇒視野を気にする方・は+2~3㎜くらい

②中近両用レンズ 上下幅は約33㎜前後 
⇒ 同上 ⇒なおFDクリアークなら30㎜以内でも可。

③近々両用レンズ 上下幅は約30㎜前後
⇒ 同上

④疲労軽減型   上下幅は約28㎜位~
⇒ 同上


※詳しくは、「遠近両用メガネ向きのフレームの縦幅ページ」をご覧頂き、
 1つの目安にして御希望レンズに合うフレームをお持込み下さい。

 個人差や用途によっては、上記ページの縦幅より、±2ミリ位の場合有。
 予め、頭の片隅に置いて頂ければ幸いです。


『 ご注意点 』

※お客様の『 使い方や物の見方、骨格等 』によっては、
 「 上記縦幅があって 」も、不向きな場合がございます。

 対面で拝見しておりませんので、明確な回答ができません。
 「100%大丈夫とは言えません」ので、あくまで目安です。


※上記の通り、今お持ちの眼鏡でご希望累進レンズが製作可能かは、
 現物もお顔の骨格、見方などが不明ですので、私は、回答出来ません。

⇒眼鏡屋によって、製作可能縦幅の見解が異なりますが、
 ご購入店に問い合わせて見る方が、判断の精度は高いかと存じます。


『 当店が不向きと考えているフレームの事例 』

☆特に、プラスチックフレームでの製作をご希望が増えてきていますが、
 「鼻パットがない」または「前傾角調整しにくいデザイン」が多く、

 「見た目優先」になりやすく、「はじめての遠近両用眼鏡」には
 「使いづらくなる≒慣れにくい」ものになりやすいです。

 出来れば2本目の時にプラスチックタイプをお考えになることを
 個人的にはお勧めいたします。

 もし1本目に作りたいと思われている方は、
 次の「Q8」をご覧頂ければ幸いです。


☆これからも、快適に眼鏡をお使い頂けるよう、
 丁寧で専門的な測定をして、『度数提案』をさせて頂きます。
 p(^-^)q



– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

(Q8)『プラスチックフレームで遠近両用は作れますか?』

(A8)


⇒眼鏡屋としてフィッティングを変えることで使いやすく、
 見やすくするという手助けができない場合が多く、

 その場合は、お客様が自分で使いこなすということになり、
 初心者にはハードルが高くなることもあるので、御注意下さい。



– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

(Q9)「2種免許等で深視力(奥行き)検査を受けるけど、測定時にチェックできますか?」

(A9)

◇「両端に棒があって、真中の棒が一直線になった時にボタンを押す」という
 「深視力検査」は両眼で運転に必要な奥行きを感じられるかのテストです。

 1種免許が片眼0.3・両眼0.7の視力が必要なのに対して、
 2種免許は片眼0.5・両眼0.8の視力が必要で、

 これをパスしたら奥行き検査に移れます。


 普通は両眼でハッキリ0.8が見えていれば、
 奥行き検査は不器用な方以外は通ります。

 それ以外で落ちる方は、
 両眼での立体視ができていないために不合格になります。
(確か平均誤差2センチ以内だったと記憶しています。)


 この立体視出来ているか否かは当店の通常検査項目でチェックしており、
 立体視出来ていない場合は、立体視できるように眼鏡で調節致します。


 またご心配な方はお申し出頂ければ、
 測定時に検査機器で【深視力検査をバーチャル体験】できます。

 練習がてらゲーム感覚でやってみるのも良いかもしれません。


 私も試しにやってみましたが、本物よりも難しいかもしれないです。(^-^;)



– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

(Q10)【 ご相談内容の取扱について 】 - 個人情報の取扱い –

( A10 )

◇ご相談頂いた内容は、所定の記録用紙に記載し、
 眼鏡作成に必要な業務にのみ使用致します。

 DM活動等の為に使用することはございません。


 なおご用命のなかったお客様の記録についても同様と致します。

 加えて、初回のご来店から1か月経過後は、
 適時記録の廃棄・取り置き品等は店頭復帰させて頂きます。


 また、お客様からお預かりしたフレーム等があった場合は、

 『お預かり品の適性な保全環境維持』や
 『長期預かりによる紛失・破損等の回避目的』等により、

  初回ご来店から1か月経過後に、一律ご返却申し上げます。
  予め御了承下さいませ。



– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

( Q 00 )「 xxxxxxxについて 」

(A 00 )

◇xxxxxxxxxx。



– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

このエントリーをはてなブックマークに追加