【累進系眼鏡のネット注文製作辞退とその理由】…遠近両用・中近両用メガネを対面コンサルティングで作るメリット

(補足)お客様のご質問への回答編 (回答編の目次は、ココをクリック。)


(11)【 累進系眼鏡の当店へのネット注文について 】 … 対面コンサルティングのメリット


本ページを書いた きっかけ


◆ 複数のお客様から以下の趣旨でネット注文のご相談を頂きました。

・「今まで遠近両用眼鏡を作ったが、一つもうまくいかない
  失敗した眼鏡を送るから指定度数で作り直してほしい。」

・「失敗した遠近両用メガネと成功した遠近両用メガネを送るから
  指定度数で作り直してほしい。」


 専門家がお客様の「失敗した眼鏡」を見れば、原因が分かると思われて、
 当店を信頼して頂いてのお申し出だと存じますが、

 「失敗した原因」は「対面でないと完全特定が不可能」なので、
 ご辞退申し上げるより仕方ありません。


 そうお伝えするだけでは、お申し出頂いたお客様の中には、
 当店に突き放された印象をお持ちになられるかもしれません。

 でも「失敗した眼鏡の検分」をしても
 「原因推測」は出来ても、「特定」は対面でないと難しいのです。




ご送付頂く眼鏡で分かること対面でしか分からないこと


 お客様が「失敗した」と思っていらっしゃる、遠近両用や中近両用眼鏡などを
 当店にお送り頂いた場合、私がで確認できることを具体的に整理しました。

 分かりやすくするために、代表的な部分だけを記します。

 眼鏡を見てわかる事対面だと分かること  
(下記は分かることのほんの一部です)
フレーム① フロントのデザイン

② フィッティング状態
⇒ 眼鏡装用時のレイアウト位置が正しいを確認できる。

⇒ 実際のフィッティングであっているかまで確認可能。
レンズ③ 度数

④ 使用レンズの種類

⑤ アイポイント
⑥ レイアウト
⇒ ヒアリングで必要な実生活度数をご提案可能。

⇒ ライフスタイルにあっているかの確認可能。

⇒ コンサルティングでより使いやすい高さや
  個性にあったレイアウトを選択可能。



~例えば、「成功した遠近両用眼鏡」をご送付頂いて、
 全く同じ設定にしてもフィッティング面で、微妙に誤差が生じます。

 ただし誤差が支障のない範囲内であれば、使い方次第で、問題なく使える眼鏡になります。
~使用していると多少のズレがあっても、ちょっとかけ直してまた使えるのと同じですね。


※特に単焦点の眼鏡ならば、強度度数や特殊事情でもない限り、
 眼鏡が使いにくくなる可能性は、かなり低くなります。

 また販売側がご注文データをきちんと精査すれば、より多くの問題回避ができます。
⇒データを見れば、製作後に起こりえる問題を事前に推測できることもあるのです。



 しかし、製作要素が比較的シンプルな単焦点眼鏡と異なり、
 遠近両用メガネ等は、考慮すべき事柄が多岐にわたり、要素・要因も多くなります。

 特に当店にご依頼を頂くお客様は、「もう失敗はコリゴリ」の方で、
 確実に「慣れやすく・使いやすい眼鏡」をしっかり作りたいとのご希望が大前提。

 言い換えれば、「対面販売で(さえ)失敗なさった方」です。


 確かに失敗眼鏡も同時送付頂いて、成功例との比較で、より成功率が上がりますが、
 どれも成功率が高くなるという範囲のお話になります。


 つまり、対面でさえ埋められなかった誤差や見直しが必要な状態を、
 ネット完結で誤差を埋めて修正するということには無理があり、

 誤差がお客様自身で修正出来るものでない限り、
 対面並みの精度を、ネットで全ての完結は難しいと考えております。


~例えば、私が遠近両用眼鏡を御作りする場合、
 ネットと対面でお作りする眼鏡では、情報の多い対面の方がより使いやすいです。


 また、万一、対面でお相手しないと分らない原因で使えていなかった場合、
 根本的な問題解決がなされるかは、非常に難しい可能性があるといえます。

 過去の遠近両用眼鏡で慣れなかった、失敗したお客様のお相手をしていて、
 「眼鏡を見ただけではわからない、複合的な原因」の方もいらっしゃいました。


 以上の点から単焦点眼鏡と同列に考えることは難しいと考え、
 現時点では、より良い累進系眼鏡を作るには、対面製作が最適だと考えます。




累進眼鏡のネット製作に対する現在の個人的な考え

 - 上記までの対面の時との違いをお伝えした上で… -  


 まず始めにあまり知られていないことですが、実は昔から、
 出来合いの老眼鏡と同様、出来合いの遠近両用眼鏡が作られています。

 (少なくとも2014.02.28時点で出来合い遠近両用眼鏡-既製品-は存在しています。)


 この事実を前提にお話しますと、普通の出来合い老眼鏡も含めて、
 単焦点や累進眼鏡のネット注文は、出来合い眼鏡販売の進化系と考えます。

 そういった意味では、「有り」か「無し」かで言えば、
 使いこなせるお客様には、「ネット注文は有効な方法」の1つで「有り」だと考えています。


 対面製作に比べて、制約される部分があるので、
 眼鏡屋の中でも色々と考え方が異なりますが、

・レビュー等で、実際に上手く使えている方が、現に存在する。
・出来合いの延長線という位置づけでお客様がご使用になる。

・「眼鏡屋の理想と考える眼鏡」ほどの精度よりも、コスパの部分を重視して
 「お客様個人が満足する眼鏡」を選択する自由(自己責任を伴う)がある。

 この他、多様な価値観と考え方があることを考えた上でも、
 あるお客様方にとって、ネット注文は有効な一つの方法だと思います。
 


出来合いの遠近両用めがねの解説 】 - 存在を知らなかった方への説明 –


◆私の知る限り、出来合い遠近両用は遠用部が素通し(度無)。
 加入(ADD)が+1.00~3.00まで。

 瞳孔間距離(目と目の距離)は一律同じ(一種類のみ)で、
 価格を抑える(一万円弱位)ため、設計は歪みの多いものでした。


◆まず、度数が人によって異なるので、度数が合わない。
 瞳孔間距離も人により異なりますので、合わないこともありますし、

 かなり歪みの大きい設計になるので、間に合わせ程度の時間しか使えなかった為、
 あまり普及しなかったように感じています。

 でも、合う方にはご好評で、定期的に購入されている方もいらっしゃいました



レイアウト・度数指定されたネット注文遠近両用メガネの解説 】


◆「出来合い」対して「レイアウトや度数を指定製作するネット注文眼鏡」は、
 「より御本人にフィットする」出来合い(遠近両用)メガネの進化形と私は考えます。


◆「出来合い」と異なり、お客様に合った度数や瞳孔間距離で、
 より的確にお作りできる分、出来合いより遙かに優れています。

 また総じて、レンズ設計は出来合い累進よりも高性能ですから、
 出来合いをお使いの方には、より使いやすくなるのが必定です。


⇒以上の事から、 私は「ネット購入で成功したお客様」を全く否定致しませんし、
 今後、技術の進歩とルール作りが進めば、一定の広がりがあるとさえ考えます。


 現段階で、「出来合い遠近両用眼鏡」から「より眼に合った遠近両用眼鏡」へ
 「ステップアップしたいお客様」を前提とすれば、

 当店でも十分使用に耐える物を、現時点でネット注文で製作することは可能です。


☆今後3Dプリンタ等で遠隔地のお客様の頭部を再現できるようになるまでは、
 累進レンズに限ってみると、「対面製作の方が優位性」は大きいと思います。

 次のタイトルに続く表をご覧下さい。



出来合いネット指定注文 店頭対面 製作の比較 】

眼鏡の種類フレームレンズ
出来合い
遠近両用メガネ
既製品で限られる。

ただ店頭購入なら
大きさは試せる。
◇ 遠くは素通し。加入度数は限定。
(大体+1.00~+3.00)

◇ 瞳孔距離は人により違うので、
 合う可能性はが低い。

◇遠近両用の設計が……。
⇒間に合わせ的な使い方の可能性。
レイアウト・
度数指定の

ネット注文
遠近両用メガネ
ある程度フレーム選択可能。
※不向きなフレームを選ぶ
 危険性有
⇒大きさを試せない
 デメリットあり
◇ 御指定データが正しいとして、
 出来合いよりも見やすく、
 使いやすい可能性アップ。

⇒ 既存の出来合い品と比較して
 個人的な印象です。
対面コンサルティング
遠近両用メガネ
大きさもデザインも確認可能

⇒不向きなフレーム選択は、
 製作者のアドバイスで
 回避できる。
◇ 遠近両用眼鏡をドロップアウト
 したお客様の 原因の殆どは、

 対面でないと判明しない物。

⇒最もリスクの少なく製作方法で
 使いやすい作成可能が高い^-^



★ネット指定製作を簡潔に説明すれば、出来合い眼鏡の進化系ですから、
 対面との異なる点をご理解の上でご注文なら、新しい眼鏡製作の1つの方法だと思います。

 もう少し説明すると、眼鏡屋は指定度数・レイアウト迄を製作させて頂き、
 「使いこなし」は出来合いと同じく、お客様の適用力と装用状態を調節をセルフでして頂きます。



 新時代の注文方法として、「ネット・指定注文」と「店頭・対面製作」双方を、
 其々のメリット・デメリットをお客様自身がよく考えられて、

 選ばれたどちらの方法でもご相談頂ければ、お力なれるように、
 将来的に対応するための環境づくりに、当店も努力致します。

 「出来合い遠近両用の進化系」としてのご提供からになると思います。


 それだけ可能性があるとしても、現時点で最も私のお奨めの製作方法は、
 お客様と直の「 対面での累進メガネ製作 」です。 (*´ω`*)


 指定製作で上手くいく人もいますが、出来ない方にはプロのサポートが必要です。
 また度数設定から相談しながらお作りすると、より慣れ易く、使い易くできます。

 使い方の癖や目に馴染み易くには、対面でのお客様特性見極めが、当店では必要です。


 実店舗で対面で製作することのメリットは、お店によって様々だと思います。
 当店の場合は、すごく簡単に説明するとこんな感じのメリットがあります。




【当店の対面コンサルティング製作のメリット簡略説明表】

当店では…簡単な説明お客様のメリット
度数決定専門的な測定によって、ほぼ100%の
視力を出す完全矯正値を求め、

時には完全矯正値のまま、しかしその多くは、
この値を元に調整した度数でお作ります。

【使いやすさ・見やすさ】を決めるのは、
そうした調整度数で、当店は追及しています。

其の為には、十分なコンサルティングと
ヒアリングで状態を把握に加え、

「過去の装用度数・使用感」と
「測定結果」とをしっかり評価したした上、

豊富な経験からご提案できる複数の度数から、
御要望に最も適合する、

問題解決力のある
【より良いご提案度数提示】に努めています。
「専門的測定」
「豊富な経験」
「相談対応力」
    +
「ご意見・ご感想を
 フィードバック」

【最適のご提案度数】
プレフィッティング累進(遠近両用・中近両用などの)レンズを
お入れになるフレームを、
レイアウト決定前にプレ・フィッティング。

お客様は、フィッティングの効果が、
「掛け心地を向上」だけと考えがちですが、

実は、想定される眼鏡のかけ位置に対応した
フィッティングを行い、

累進レンズを入れた時に
【見やすく・使いやすい】眼鏡にする効果有。
【使いやすい】
【見やすく】
する為の
【フィッティング】
レイアウト

本フィッティング
「遠く用や近く用の度数を何処に配置するか」
を決めるのが、「レンズレイアウト」です。

単純かつルーティン的に
メーカー推奨することも多いようですが、

当店ではプレフィッティングをした上で、
「眼前にくる度数がどんな値」なら、

違和感を感じにくいかなども考えて
配置を決めます。

また、お客様の使い方を考慮して、
フィッティングもアイポイントも、

お客様毎に高低を考えて、
より良い位置をご提案します。(^-^)
【違和感】を抑え
慣れやすくする

【レイアウト】



 以上、本当はもっと細かいことを書かないといけないのですが、
 分かりやすく簡単に書かせて頂きました。


 ちゃんとしたお店なら色々なサービスを店頭でご体験いただけるはずです。
 当店にネットで指定注文前に、ぜひ近隣のお店様でのご相談をご検討下さい。


 その上でどうしてもご相談がある場合には、ぜひお気軽にお問合せ下さい。
 できる範囲でお客様がより良い眼鏡をお作りになるお手伝い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加