【 遠近両用眼鏡等の使い方説明と練習の重要性 】 – 性能を引き出すために –

(補足)お客様のご質問への回答編 (回答編の目次は、ココをクリック。)


(23)【 遠近両用眼鏡等の使い方説明と練習の重要性 】 – 性能を引き出すために –


(プロローグ)


◇「今の遠近両用眼鏡、完璧に使いこなせていますか?」
 と、もしお客様から私にお尋ね頂いたら、

 答えは、「大体、使いこなせている感じです。(^^♪」
 という、お返事をすることになると思います。

→私は、自分の使いこなしがすごく上手とは思っていないので。


 それはさておき、「眼鏡は物を見るための道具」という一面があって、
 上手に使える方もいらっしゃれば、そうでない方もいらっしゃいます。


 私は「自分の許容できる範囲で、大体、使いこなせれば良い」と考えていますが、
 中には、100%使いこなしたいと考えられる方もいらっしゃるでしょう。


 たとえば、測定の結果、以下の眼鏡ができたとしましょう。
 ◆ 遠くの視力が両眼で1.0。
 ◆ 近くは、最小で一般紙の株式欄の文字を、35センチでみえる。


 検査で見ると見えるのに、出来上がった眼鏡で見えない。
 ちゃんとその度数で作ってあるなら、使い方を見直していきましょう。


 累進系メガネは、掛けただけで見えるようになるわけではありません。
 製作されたお店に行かれて、よく説明を受けていらしてください。



☆ 多くのお客様が、「使い方の説明」に、重要性を考えていられないので、
 当店を例に、「メガネの使いこなしに大切なこと」と共に記しておきます。



【 メガネを使いこなすのに大切な事 】


(A)
使い方の説明をきちんと受ける

◇ 遠近両用や中近両用レンズなどの累進眼鏡レンズは、
 お手入れ・取扱い説明書はあっても、使い方の説明書がありません。

 過去に遠近両用メガネをお作りになって、当店でリトライされる方でも、
 正しい使い方を知らない方さえいらっしゃいます。


 ですから、当店では必ず、測定当日、お渡し日の2回、ご説明申し上げ、
 お帰りに、「口頭説明を受けた方用」に使用説明書に近いものをお渡し。

 (※口頭説明の補足用ですので、対象者以外には配布しておりません。)


◇口頭の説明を思い返せるようにしてあるので、
 再度の説明を要望されるお客様が減っていますので、

 ある一定の効果があると考えていますし、
 実際、その場で上手に使える方が増えました。(^^)


(B) 練習の重要性

◇ 使用方法の説明で述べましたが、練習は大切です。

 当店では測定日の軽い練習・お渡し日の練習を通して、
 お客様がある程度の「安心感」や「自信」を持って頂くようにしています。


◇基本的に判らないことが無くなる、またはお客様からOKがでる迄。
 練習時間が長くなることがありますが、

 お客様はご自分で判断するために集中されていて、時間の感覚が無く、
 実際の使用状況を再現されるので、持ち帰ってからの混乱を予防でき、

 安心して使うことができたと、言っていただくことが増えました。
 ぜひお作りになる時は、アドバイスを聞いて、しっかり練習なさって下さい。


(C) 製作店での的確なアドバイスの必要性

◇ 当店の場合、まず始めは、多くの方にとって「使いやすくなる」使用方法で説明を行います。

 でも、お客様ひとりひとり、体型、姿勢、使用時のクセ、作業環境、対象物、
 夫々が異なりますので、あるお客様にとっては、「使いやすくない」こともあります。


★次に、「お客様の個性」を考えた場合の、補足説明をアレンジして行い、
 お客様が理解しやすく、使い方が向上する使い方をご提案していくようにしています。

 眼鏡を製作した場合、どこのお店であっても、製作者側はお客様の使い方の癖や
 それに対する修正点も把握しているはずです。

 必ず、適切なアドバイスを求めて、受けましょう。


(D) 人と比べず、自分のペースで。

◇次の表に書かれているようなことは、気にする必要がありません。


■「遠近両用メガネは、ずっと掛けていないと慣れない。」

→ 確かに掛けなければ、慣れることはありませんが、
  不快・負担を我慢して、拒絶するくらい嫌になったら、慣れません。

  少しずつ慣らして、見え方を脳が学習しやすくすること。
  いかに楽をしながら、慣れていこうかを考えて下さい。


■「遠近両用なんて、物の1週間で慣れる。」とか「すぐ慣れる。」

→ そういう人もいます。とても良いことだと思います。
  でも個人差があり、「年単位で徐々に慣らす」のが良い人だっています。


■「眼鏡は一日中使えるようになるのが普通。」

→ 眼鏡は道具なので、自分が必要だと思える時に、必要な時間使えればOK。
  ご本人が一番楽であって、ベストだとお考えなら、それでいいんです。(^^)b  




☆ ご満足のいく、便利に使える状態を目指して、のんびり眼鏡をお使い頂ければ、
  わたくしはとても有難く存じますし、お作り出来て幸せと感じます。


  - – – – – ここから先は、後日記載していきます。- – – – –

このエントリーをはてなブックマークに追加