はじめのご挨拶 (^-^)

 

【 ご挨拶ならびに自己紹介 】

 はじめに、ご挨拶させて頂きます。 (*´ω`*)



 遠近両用メガネ/中近両用/近々両用眼鏡の累進レンズをご検討中のお客様。
 20~40代でパソコン用・眼精疲労軽減用眼鏡レンズをご検討中の皆様。


 当店『三共メガネ』は 神奈川県大和市南林間の創業30年を越えた眼鏡店です。


 『 快適で 』、『 楽しく使えて 』、『 役立つ 』眼鏡を、
 『 1本1本 丁寧な仕事 』で、お作りするよう心がけております。(^-^)  


 現在は「大和市」・「座間市」・「綾瀬市」・「藤沢市」・ 「横浜市」
  ・「相模原市」・「川崎市」・「町田市」・「厚木市」を中心に、

 また、「平塚市」・「秦野市」・「杉並区」・「大田区」・「中央区」
  ・「世田谷区」・「品川区」・「練馬区」・「調布市」・「茅ヶ崎市」

 ・ 「八王子市」・ 「府中市」・「稲城市」・「青梅市」・「羽村市」
 ・ 「千葉県の各所」「埼玉県の越谷市や羽生市等々」といった、

 当店からご遠方の皆様にも、ご利用頂いております。


 街の小さな眼鏡店が、長く営業していけるのは、
 ご愛顧頂いているお客様、皆様のおかげでございます。


 この場をお借りして、改めて御礼申し上げます。
 「 誠にありがとうございます。」


 これからも日々精進して、新規・リピータ皆様に喜んで頂ける、
 【 使いやすく・慣れやすい累進眼鏡 】をお作りするように。


 昨日より今日。今日より明日。
 地道にコツコツ努力して、最善を尽くしてまいります。


 どうぞよろしくお願い致します。


【 はじめに 】

 

★『慣れやすく・使いやすい累進(レンズ)眼鏡作り』に、必要なことは、

 ≪1≫『 お客様が、基礎知識 を得て、自身の状況を把握・伝える力をつける。 』

 ≪2≫『 お客様が、自分にあった眼鏡店・スタッフを見つける。 』

 ≪3≫『 選ばれた店・スタッフが、独自の様々な技術に加え』、
    『 用途にあった、お客様用にカスタマイズする。 』



 大まかに、上記の3つことが必要だと、私は考えております。



☆当HPは「 お客様が 」なさらなければならない、
 ≪1≫ ≪2≫ の部分で、お役にたてるよう製作致しました。


 お役に立てれば幸いです。 (*^^*)



☆なお≪3≫については、お店やスタッフによって異なります。


 眼鏡は、≪技術+カスタム化≫によって、使い心地・慣れやすさは大きく変わります。
   当店の考え方を例として記載しています。ココをクリックしてご覧下さい。




【 当ホームページの作成経緯・主旨 】

 
 過去に遠近両用眼鏡を作られて慣れず、「リタイヤ」された方が、
 ご利用頂いたお客様の口コミで当店を知られ、


 「もう一度遠近両用眼鏡にトライしたい」とご来店頂いたことが、
 このHPを製作するきっかけになりました。



 このお客様のお話をよく伺い、丁寧に測定、度数をご提案したところ、
 遠近両用眼鏡を始めとする累進レンズを、とても上手に使いこなされました。


→正直、「なぜこの方が…、今まで遠近両用をかけられなかったのか??」
 とても不思議に思うくらいでした。



 そして、同じようなお客様のお相手させて頂いて分かったのですが、



 【遠近両用メガネの使いこなしを妨げていた主な原因】が、


 【遠近両用メガネについてのお客様の誤解・理解不足】
 【販売店側の説明・練習、指導不足等】といった


 基本的な部分(コミュニケーション)の不十分さに多いと気付きました。
 

 勿論、私も『遠近両用眼鏡レンズ』が万能・万人に適合するとは思いません。


 当店でも、細かくコンサルティング、視力測定、テスト装用をしても、
 適応の難しい方には、別種類のレンズを提案しております。



 ただ、予め【十分な予備知識とコミュニケーション】をとることで、
 失敗等のリスクを低減、致命的なリスク要因の回避も可能です。
 
 

 

※ 累進レンズの種類には、『遠近両用レンズ』の他にも、
 『中近両用レンズ』・『近々両用レンズ』・『疲労軽減型』があります。

 

 


(0)【 当ホームページ改訂について 】


☆モバイルからのアクセスが、ほぼ半分になったため、  
 このたび、レスポンジブル対応HPに改訂を致しました。


 このため、文字の大きさがバランス的に小さくなることになりました。 


 なお、個人的には旧PC専用の方が見やすいと思うので、
 削除せず、そのまま残しました。


 もしこのページで読みにくいのであれば、旧PC版サイトをご覧下さい。


 旧PC専用サイト版: トップページ 
(←文字をクリックすると別窓が開かれます。)



※ドメインのスペルの”s”が1つ足りないのは、私も知っています。(;^ω^)

 でも特定のドメインってものすごく高値取引されていまして……。
 ボランティア的にはじめたHPなので、御愛嬌でお許し頂ければ幸いです。(;’∀’)
 
 
 
(1)【 当ホームページの内容・読み方 】


 眼鏡は、専門的かつ厳密に説明すると、多数の事例列挙が必要です。
 それなら、 他眼鏡店の方々が作られた『詳しい説明HP』がございます。


~私は基本的部分での多くの問題が困難を生み出していると考え、

 自分が素人なら「どう説明したら分かりやすいか?」をポイントに。
 専門用語を極力使わず、分りやすい例えで書くように心がけて作成。


 ほぼ全く眼鏡の予備知識なしでも、読んで理解できるように、
 サブメニューも用意して、 なるべく簡単、平易な内容に努めました。


 当HPで基礎的知識を得て、平易・簡素化のために端折っている説明、
 未説明事例を、他店の詳細記載HPから、補完・修正して頂ければ幸いです。


 本当にとても詳しく説明しているHPが、たくさんございます。(^-^)
 是非、多くのHPをご覧頂き、知識を深め頂きたいと存じます。


 お客様が【遠近両用眼鏡をより快適に作られる】ために、眼鏡製作前に、
 少しでも老眼や眼鏡に関する、一番大事な、初歩の知識を得られて、


 その複合的な結果、快適な遠近両用眼鏡をお作り頂く一助になれば幸いです。



(2)【当HPの読み進め方】


 当HPは最上部表示のメニュー通り、

眼鏡初装者の為の基礎知識 編 】、

初累進 基礎知識 編 】・

アドバイス 編 】・

視力測定・製作過程 編 】の4部構成。


 各編タイトル欄の1番上をご覧の後、次は直下の欄に進むといった順で、
 順々に読み進めていけるように記述しております。


 最後まで読むと、次のページへのリンクを表示しています。
 初心者の方には、順々に読んでいただくことをお勧めします。


 内容は、「初めから細部まで。また種々の解釈など全てを記述する」と、
 「煩雑、かつ専門的になり、複雑でご理解が難しく」なるので、


 『大筋で平易にご理解頂ける様、簡素化』しております。


 専門家的には簡素化しすぎに感じる・厳密さの足りない部分もありますが、
 素人からすると、これでも難しいと感じられることもあります。


 そう感じた方は、ご遠慮なく『メッセージBOX』を御利用下さいませ。
→(ココをクリックすると『メッセージBOX』が開かれます。)




①【 眼鏡初装者の基礎知識 編


 「メガネ自体が初めての方」に向けた、「眼鏡」の基礎知識を説明。
 「正視・近視・遠視・乱視」の説明から始めています。


②【 初累進メガネの基礎知識 編


 「遠近両用メガネ」を始めとする「累進レンズ」の基礎知識を説明。
 よろしければ、遠近両用眼鏡ベテランの方も復習としてお読み下さい。



③【 アドバイス 編


 何を基準に『お店・スタッフ(関連)選び(その他)』をすればよいか。
 アドバイスを求めるお問い合わせをよく受けます。

 色々な考え方があり、私見で一面的な見方になるので、ご参考程度に。
 必ず他HPもご覧の上、比較・検討して自己責任で総合的にご判断下さい。


④【 視力測定・製作 編


 当三共メガネの各種累進レンズ(遠近両用眼鏡等)用測定手順を、簡易掲載。
 度数測定時に、『どんな事をするのか』分からないと不安も解消されません。

 初めて眼鏡(特に遠近両用眼鏡等)を作る方は、ご参考にどうぞご覧下さい。

 また、遠近両用コンタクトレンズを使用中で、 『夕方』や『長時間装用後』の
 見え方にご不満のある方も、 ぜひ一度ご覧ください。

 もしメガネでの矯正が可能な方は、
 『見え方の安定しやすい』遠近両用メガネもご検討下さい。(^-^)


 以上が当HPのお勧めの読み進め方になります。



(3)【 当店概要 】について


☆当HPをご覧頂いて、当店(三共メガネ)ご興味をお持ち頂き、
 様々なお問い合わせを頂いたので、3部構成で製作しました。


(a)当店自己紹介として
 「所在地等の基本情報」、「コンセプト・特徴」。

(b)「ご予約」関連
 「ご予約フォーム」、「ご来店時にご持参をお願いしたい物」、
 「製作目的を明確にするためのコツ」などを記載。
 
(c)「FAQ集
 「御来店検討者からの当店関係」と「累進レンズ関連」の2つの「FAQ集」。
 「累進レンズ説明資料」は「累進レンズ関連のFAQ集」に挿入しました。

 ご質問の殆んど多くが、共通しているので、疑問があればまず御一読下さい。
 そして、回答がない場合は、メッセージボックスを御利用下さい。


★それでは長い説明を終わらせて頂いて、さっそく読み進め下さいませ。

  眼鏡初心者の方は、「眼鏡で矯正できるのは?」(←クリックするとジャンプ。)

  累進初心者の方は、「眼の疲労・老眼」です。(←クリックするとジャンプします。)

 

HP編集コメント ( 直近巡回 or 更新日: 2016.12.02 )

  • パソコン表示版をレシポンジブ版に差替え予定でしたが、
    主にパソコンで閲覧されるというお客様から、
    「パソコン版の方が見やすい人もいると思う」とご意見を頂き、
    しばらくは、併記した状態にすることにしました。
  • 現在、リンク名・文章を移植、再構成してほぼ100%状態です。
  • ただ見落としでリンク切れになっている可能性はございます。
  • 今後もまめに校正チェックをしてまいります。
  • その他、未完成部分もございますが、ご容赦下さい。_(._.)_

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加