本文へスキップ

使い易く 慣れ易い 遠近・中近・近々両用眼鏡 を作るために。

普通の街の眼鏡店からの 1つのアドバイス

(*´▽`*) 当店HP: http://sankyomegane.com/

累進メガネ関連のご質問と回答集FAQ

[ よく頂く 累進メガネ関連のご質問と回答集 ]

◇当店三共メガネで、過去にお客様から頂いた【 ご質問への回答 】や
 ご質問に関連してご説明した【 事例や予備知識 】をまとめました。

個々に記す内容が、お客様のケースに完全に当てはまる事は少ないと思いますが、
当てはまる方や参考になる方もいらっしゃるかもしれません。

『下のご質問表』をご参考程度にご覧になって下さい。


なお、【当店のコンサルティング・測定方法や取扱製品・販売価格】のご質問は、
他のページにまとめてありますので、ココをクリックして御確認下さい。

 

【 タイトル 】
(1)【 老眼と思ったのだけど…。実は違ったケース 】

⇒ 「老眼になったので、『遠近両用眼鏡』を作りたい。」とご来店。
  度数測定の結果、『老眼ではなかった』例。(続きはココをクリック。)

(2)【『遠近』と『疲労軽減型累進レンズ』の違いは?

⇒ タイトル通り。 (→続きはココをクリック)

(3)【遠近両用眼鏡に上下幅は絶対30ミリ必要か?

⇒ 「『上下幅が30mmでは、累進帯14mmタイプでは、遠近両用メガネは無理。
   累進帯11ミリタイプを使用しないと、お作り出来ない。』と言われた。本当?   (続きはココをクリック)

(4)【オススメの累進レンズはズバリ何?

⇒ 「『スタンダードでも性能を引き出せば、十分性能が良い』
   と書いてるけど、本当にお勧めレンズはないの?」
   (続きはココをクリック。)

(5)【遠近両用眼鏡を便利に使ってます。でも…。

⇒ 不便な部分を補う為の2本目として、『別タイプの累進レンズ』を作って
  持っている遠近両用と併用したい!

⇒ 「遠近両用メガネをかけていて、とても便利なんだけど…」
  少しだけ不便に感じるお客様に対する簡単なアドバイス。

  近々両用も良いですが、意外に便利に使っている組合せは…。
  (続きはココをクリック。)
(6)【 眼鏡は作る人によって見え方は違うの?

⇒ 「出先でいつもと違う店で型直しをした。それ以来、
  見え方が変わったのは何故?」といった類似の質問。
  (続きはココをクリック。)

(7)【遠視だと累進(遠近等)レンズに慣れにくい?

⇒ 遠視だと累進系レンズは慣れにくいっていうけどホント?」
  (続きはココをクリック。)

(8)【 過矯正状態の方に眼鏡製作する際の当店アプローチ

⇒ 過矯正や完全矯正値での眼鏡をお使いの方向けのお話。
  (続きはココをクリック。)

(9)【 アイポイントやレイアウトで見やすさは変わるか?

⇒ 近遠両用設定が有効なケースの目安や個人差も含めて解説。
  (続きはココをクリック。)

(10)【 メガネの洗い方 】 - レンズを長持ちさせる為に -

⇒ 傷をつけにくい、コートを良い状態で使うための洗い方。
  (続きはココをクリック。) (私個人の洗い方を参考に。)

(11)【 累進系眼鏡のネット製作について 】 <

⇒ 単焦点眼鏡との違い・対面製作のメリットを分かり易く。
  (続きはココをクリック。)

(12)【 遠近に慣れると、どういう見え方になるの? 】 

⇒ 始め歪んで見えたのが、慣れていくとどう変化するか?
  (続きはココをクリック。)(HP担当者の場合を例に)
(13)【 遠近両用レンズ 累進帯 選択のポイントは? 】 

⇒ 累進帯は、ロングタイプとショートタイプ選びで……
  (続きはココをクリック。)

(14)【 運転用の遠近両用メガネ 関連 】の ご質問

⇒ 運転用遠近両用眼鏡に関するご質問をまとめてみました。
  (続きはココをクリック。)

(15)【 加齢・白内障・術後の乱視の変化 は?

⇒ 複数のお客様に類似内容のご質問があったため、作成。
  (続きはココをクリック) (お見受けする実例の一部)
(16)【 近遠両用眼鏡 設定関連の記載 】 

⇒ KazさんHPからご覧になった方用に作成。
  (続きはココをクリック) (事前知識ない方には難読に…)
(17)【 HP製作者の自己紹介・その他 】 

⇒ 自己紹介の他に、製作スタンスや実績等を少しだけ記載。
  (続きはココをクリック) (執筆途中の部分有り)

(18)【 遠視+老眼+眼鏡初装:柔軟な対応と注意点 】 

⇒ 遠視+老眼で眼鏡初装の方へ。柔軟な対応も致します。
  (続きはココをクリック) (より快適な選択という考え方)

(19)【 左右均等より バランスが大切です 】 

⇒ 左右同じ見え方=貴方に快適な眼鏡だとは限りません。
  (続きはココをクリック) (画像化するときに負担を少なく)
(20)【 眼鏡屋はどんな遠近両用眼鏡をかけてるの?

⇒ よく聞かれるので、写真付きで掲載しました!
  (続きはココをクリック) (ちゃんとした説明と練習は必要性)

(21)【 遠近両用サングラスを検討中の方へ 】 

⇒ デザイン・用途別のカラー選びのさわりだけ。
  (続きはココをクリック) (書きかけのページです)

(22)【 中近両用眼鏡レンズの基礎知識 】 

⇒ お尋ね頂くことが増えてきたので、さわりだけ。
  (続きはココをクリック) (ある程度知っておくと楽に!)

(23)【 累進眼鏡の取扱説明と練習の必要性 】 

⇒ 購入店で必ずしっかり説明を受け、練習をしましょう。
  (続きはココをクリック) ‐失敗しないために大切です

(24)【 遠近両用コンタクト・眼内レンズについて 】 

⇒ 基礎的な部分だけを短文とイラストで。
  (続きはココをクリック) 

(25)【 遮光眼鏡で遠近両用は製作可能か?

⇒ 遮光眼鏡レンズでの、遠近両用希望の方に。
  (続きはココをクリック) 〜近々両用もOK!

(26)【 累進レンズの設計グレードについての基礎知識

⇒ 設計によって、見える視野の広さや使い勝手が変わります。
  (続きはココをクリック)

(27)【 各累進レンズに必要なフレーム上下幅は?

⇒ 遠近両用や中近両用の種類によって、必要なフレーム上下幅が異なります。
  (続きはココをクリック)

(2x)【 xxxxxxxxxxxxxxxxxx 】

⇒ 現在、製作中。
  (続きはココをクリック)  ……… (リンクページ未設定)


カレンダー

★担当者週休日にご予約希望の場合、
1週間位前までにお知らせ下さい。
大体は対応できると思います。

※なお、急なご予約の振替代休は、カレンダー上の予告がありません。出勤表示日の不在がある為、ご来店予約を推奨。

Twitter